市販薬でてっぺん薄毛を解消!

若ハゲの原因、男性型脱毛症を解消する薬品はいくつか存在します。

ですが、その多くは医師の処方箋が必要であったり、処方箋を必要としない場合は個人輸入で代理店などを通して購入するしかありません。

個人輸入などで購入した場合、副作用などの問題が起きた時は全て自己責任となります。

販売元も、代理店も、補償や責任は負ってくれません。

となると、どちらにしてもそう言う薬品はかなりリスクが伴うと言えます。

では、ある程度気軽に購入出来る男性型脱毛症の特効薬はないのでしょうか。

国内では唯一の育毛剤になりますが、男性型脱毛症に効果を発揮するミノキシジルを配合した育毛剤がリアップになります。

リアップは第一医薬品となりますので、薬剤師がいる事が条件にはなりますが、唯一薬局で手にする事が出来る男性型脱毛症の薬品となります。

リアップは育毛剤にミノキシジルを配合する国内特許を有しており、その為他の商品が存在しません。

リアップはこれまでミノキシジル配合率が1%でしたが、最近になりリアップx5が販売され、ミノキシジル配合率が5%になりました。

この5%の配合率は世界基準で、これと同等のものは海外製品に存在しますが、それ以上のものは存在しません。

 

若ハゲ対策!男性型脱毛症に有効な薬とは?

若ハゲは男性型脱毛症が原因です。

男性型脱毛症はジヒドロテストステロンが起因です。

では、男性型脱毛症を治療する為にはジヒドロテストステロンを抑制するしかないのでしょうか。

だとすると、現在ジヒドロテストステロンに直接影響する薬品や方策は未開発です。

そうなると男性型脱毛症は治療不可能となってしまいます。

そこで、育毛業界では発想を変え、ジヒドロテストステロンを害するのではなく、ジヒドロテストステロンを生成させなければ良いと考えました。

つまり、ジヒドロテストステロンが生成される前段階でジヒドロテストステロンを生成する物質を阻害する方策を開発したのです。

開発と言いましたが、この方策で使用される薬品と言うのは、本来の薬の薬効とは違い、全くの偶然、副産物として効能が発見されたものなのです。

現在最も有効と考えられ、高い頻度で使用されているのがプロペシアです。

専門医に行くと大抵処方されるのがこの薬です。

プロペシアは元々前立腺肥大の薬として開発されていました。

臨床段階でホルモンバランスにも影響することが判り、新たに臨床データをとったところ、男性ホルモンを抑制する事が明確になったのです。

ジヒドロテストステロンの一番元になる物質男性ホルモンを抑制することで生成を抑えるのです。

 

男性型脱毛症とは?

若ハゲの主たる原因は男性型脱毛症に由来します。

男性型脱毛症はハゲの特徴的進行を遂げます。

前頭部や頭頂部に顕著な薄毛が見られ、やがてどんどんハゲていきます。

男性型脱毛症は言葉の通り、男性ホルモンの過多や、分泌異常に起因します。

男性ホルモンが元々体内に存在する還元酵素5aリダクターゼと結び付きます。

この2つが結合するとジヒドロテストステロンと言うホルモンを生成します。

ジヒドロテストステロンは強力な脱毛作用を持っています。

ジヒドロテストステロンが増えると、育毛のサイクルを著しく乱します。

脱毛のサイクルが早くなり、発毛のサイクルが遅くなるのです。

すると脱毛に発毛が追い付かなくなり、やがて薄毛になっていき、最終的にはハゲてしまうのです。

ハゲてしまってから慌てても時既に遅しです。

進行し切ってしまうと毛根や毛穴が死滅してしまうケースもあり、死滅してしまった毛根や毛穴から髪の毛を生やす事は現代科学や現代医学では不可能なのです。

現状、ハゲの治療で有効なのは飽くまで髪の毛がある状態でのみなのです。

産毛であろうと少しでも髪の毛があれば治る可能性はありますが、完全に髪の毛がない場合は治療は極めて困難であると考えておくべくなのです。

 

 

何故若ハゲが起きるのか?若ハゲのメカニズム

最近何となく髪の毛が細くなってきたかなぁ・・・。

何となく抜け毛が多い様な気がする。

人に頭頂部が薄いと指摘されてしまったなどなど、ハゲに関する悩みを抱えてしまってショックを受けている人は意外と多いのではないでしょうか。

ですが、そうなってくるまでには静かにゆっくりと気付かれないようにハゲは忍び寄って来るので、ある程度の段階に至るまでは何も対処しない人が少なくありません。

これまでハゲは遺伝が原因と言うのが相場でしたが、現在では研究の結果遺伝は無関係ではないにせよ、主要な原因とは考えられていません。

現在ハゲの原因としてもっとも主要に考えられているのは男性型脱毛症です。

若ハゲの場合、特に老化に因るハゲの要因などがありませんので、ほぼ男性型脱毛症が原因であると言っても過言ではありません。

男性型脱毛症の症状における特徴は前頭部、つまり生際と頭頂部からハゲてくるというものです。

年齢的にも若く、頭頂部が薄くなっている場合は、男性型脱毛症であると考えてまず間違いないでしょう。

男性型脱毛症は進行性ですので、一刻も早い対処が必要です。

まだ大丈夫かもと、油断しているとどんどん薄毛が進行し、手遅れとなります。

少しでも早く治療にあたって損はないのです。